麦芽を支える技術

麦芽(ばくが、英語:malt)とは、麦、特に大麦の種子を発芽させたもので、ビール、ウイスキー、水飴の原料となる。(Wikipediaより)

Android NDKでOpenSL ESを利用する

AndroidアプリでOpenSL ESを利用してMP3ファイルの再生を行う必要があったのでいろいろ調べてみたものの、日本語の解説サイトがほとんど見つからないのと、いくら「OpenSL ES」でググっても「OpenGL」か「OpenSSL」ばかりヒットしてしまうので、昔調べた時に別なとこにメモってたやつをここに移行。

OpenSL ES概要

続きを読む

AVAudioEngineで音声にかけられるエフェクトをいろいろ試せるテスターアプリを作った

iOS8からAVAudioEngineを使って、音声に簡単にAudioUnitのエフェクトをかけられるようになりましたが、それらのエフェクトかけると実際にどんな音になるのかちょっと調べる必要があったので、とりあえずその調査の副産物置いときます。(結局調べたいことはわからんかったという...)

ちなみに既に似たようなサンプルは、以下のようにiOS開発者で有名な堤さんが公開してくれている「iOS8-Sampler」とかあるんですが、今回調べたかったのは主にAVAudioUnitTimePitchとかAVAudioUnitVarispeedで、その辺はこれには入って無いようだったので、とりあえず自前で作ってみた、って感じです。

d.hatena.ne.jp

あくまで自分の調査用だったので、レイアウトとか適当です。。。あしからず。

続きを読む

AVAudioEngineでの音声ファイル再生で、再生時間の取得・再生位置指定を行う

あまり明確な情報がなかなか見つからなくてだいぶ苦戦したけど、一応出来たのでメモ。 もうちょっとスマートなやり方あるのかもしれませんが。

やりたいこと

  1. AVAudioEngine、AVAudioPlayerNodeを使った音声データの再生
  2. 総再生時間、現在の再生時間を取得
  3. 任意の再生位置からの音声再生(シーク機能)

Webでいろいろ調べていると、上記1点目の基本的なAVAudioEngineの使用方法や、エフェクト・速度変更などの音声効果の使い方は以下のように結構載ってるんですが、通常の音声プレイヤーとして必要な2,3点目のやり方がなかなか見つからなかったんですよねー。

続きを読む

Google Play Developer ConsoleへのAPKアップロードにgradle-play-publisherを使ってみた

Google Play Developer ConsoleへのAPKアップロードができるGoogle Play Developer Publishing APIをGradleから実行できれば、リリースビルドAPK作成後にそのままアップロードできて便利だなーと思ってました。

で、自前でAPI使ってツール作るのもちょっと手間だったのでいろいろ探したら「gradle-play-publisher」というのが見つかったので、今回ちょっと使い方を調べてみました。

事前準備

続きを読む

Symfony2でDeprecatedな機能を使用していると、テスト実行時に通知してくれるPHPUnit Bridge

開発中に調べものしてて、日本語の解説サイトが見つからないから自分で英語ドキュメント読んだやつとかをメモっておけば、自分用の資料にもなるし、もしかしたら世の中の需要もあるんじゃないかと思って書いてみることにしました。

こないだSymfony2.6プロジェクトをLTSバージョンの2.7にアップグレードする作業したので、手始めはその時に見つけたツールについて。

PHPUnit Bridgeとは

続きを読む

ブログはじめました…が、

ドメイン取れるうちに取っとこうという魂胆だったので、何書くか何も決めてない…。

よくある技術メモ的なやつになるのか、普通に日々の日記になるのか、はたまたその日飲んだビールのレビューが綴られることになるのか、ほとんど期待せずお待ちください。